貯金ができるシェアハウス FAIRE HOUSE

貯金ができるシェアハウス FAIRE HOUSE



退去の際は・・・

▼退去の際の注意事項▼
・退去される際は1ヶ月前申告となります。一ヶ月前までに担当者への連絡をお願い致します。

・ご自身のお荷物は全て収去いただきますようお願いいたします。
(もし個人のお荷物が残っていた場合には業者様にお願いをして有料で撤去していただき、その費用はご負担いただきます。供用部にある洗剤関係、食料品関係、靴なども対象になりますのでご注意ください)

・保険の解約手続きをお願いいたします。保険会社に直接ご連絡いただき、退去日以降の保険の解約をお願いいたします。
※ご自身の保険会社をご確認の上ご連絡お願い致します。

・デポジットの返金は光熱費の精算が終わってからの返金となります。水道代が2ヶ月に1度となっておりますので、ご退去が水道代請求月の場合はその月の月末、そうでない場合は退去の翌月末の清算後の返金となります。
それまでは今まで通り毎月末に光熱費の精算書をお送りいたしますのでご確認をお願いいたします。

・デポジットの返金先口座をメールにてお知らせいただきますようお願いいたします。

・住民票を当該物件住所に移されている方は速やかに転居手続きをお願いいたします。もし住民票をそのままにされてしまいますと残された地が本拠地となり課税されたり、何かあった際の捜索先となりますのでご注意いただければと思います。

・ 退去日が月の途中の場合の最終賃料は、通常通り一旦その月の賃料を前月末にお支払いいただき、光熱費の清算が出た時点で返却させていただきます。またその際の清算方法は30日計算の日割り賃料とさせていただきます。(契約書記載あり)

・ 原状回復におきましては東京都の原状回復ガイドラインにそった形で行います。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/tintai/310-6-jyuutaku.pdf
お預かりしているデポジットは基本的には返金いたしますが、入居者様の故意(わざと)や過失(不注意)で毀損、破損している場合には原状回復が発生いたします。
(通常使用による汚れ、摩耗は原状回復にあたりません)

・ 退去の立ち会いは基本的に行っておりませんので、当日お引っ越が終了した段階で下記番号までお電話ください。鍵をセキュリティーボックス内にお収めいただく方法をお電話にてアナウンスさせていただきます。
また、原状回復の有無の確認はご退去後に管理者が入室させていただき、入居前に撮影した写真&動画をベースに行います。もし気になる箇所がある場合は写真と共に予め下記メールアドレスに送ってください。判断が難しい場合は退去時に立ち会いをいたします。

以上、要返信事項をまとめますと、

① 返金先口座情報(銀行名、支店名、口座種別、口座番号、カタカナの名前)
② 原状回復がご心配な箇所があった場合のみ、写真を撮ってお送りいただく (ご心配が無い場合は不要)
③ 退去日とおおよその時間帯

上記①②③を退去日の15日前までにご返信頂きますようお願いいたします。こちらの返信が無い場合は、正式な退去の申告とはならず、継続して賃料がかかってしまう状態になりますので、予めご了承ください。